カリビアンコムはワンリクリック詐欺サイトではない

アダルトサイトを利用する際に、最も気をつけなければいけないのはワンクリック詐欺サイトです。

ワンクリック詐欺とはバナーをクリックし、サイトへ訪問しただけで勝手に入会扱いにされ、高額な料金を後払いで請求してくるサイトです。

中には、閲覧したパソコンへマルウェアソフトを強制インストールさせ、料金を払うまでパソコンを閲覧できないようにロックしてしまう極悪サイトも存在します。

しかし、カリビアンコムは料金前払いの上、クレジットカード決済、銀行振り込みのみで運営されていますので、ワンクリック詐欺サイトではありません。

メールアドレスを登録し入金の手続きを踏まなければ利用できませんし、
退会手続きもオンラインから簡単に行えます。

過去にカリビアンコムを無断コピーしたワンクリック詐欺がありました

カリビアンコムがワンクリック詐欺サイトでは無いかと疑われ出した背景として、過去にカリビアンコムを装ったワンクリック詐欺サイトが存在した事が原因です。

もちろん、本物のカリビアンコムは一切関係ないサイトです。

サイトのデザイン、バナーまで似たようなサイトで、初めて利用する人は偽物と気づかなかったんですね。

初めてカリビアンコムを利用する方は、ブラウザのアドレスバー(URL表示欄)が「www.caribbeancom.com」ドメインであることを確認することで、詐欺サイトの利用を回避可能です。

ブラウザのアドレスバー
会員登録画面

また、クリックしただけで入会扱いになることは絶対にありませんので、その点を判断基準にしてください。

ワンクリック詐欺に引っかかった場合は請求を無視しましょう

万が一ワンクリック詐欺に引っかかってしまった場合は、請求を無視してください。

例えあなたのIPアドレスやインターネット接続プロバイダの名前が画面に表示されたとしても、それ自体であなたの個人情報を特定されることはありません。

ワンクリック詐欺 表示画面例
会員登録画面

IPアドレスやインターネット接続プロバイダ情報などから個人情報を特定できるのは、警察や裁判所などの捜査機関だけです。

もし請求画面に弁護士の名前が表示されていても、無視して問題ありません。

弁護士がワンクリック詐欺に加担し個人を特定する作業を行った場合は、弁護士資格を剥奪される可能性もありまし、弁護士が個人情報を捜査するためには弁護士会の手続きが必要です。

ですので、ワンクリック詐欺会社からみの捜査に弁護士がタカンすることは無いと考えて良いです。

参考:日本弁護士連合会

弁護士会照会の申請が弁護士会にされると、各地の弁護士会では、各弁護士会が定めている様式を充足しているかどうか、また、照会を必要とする事情と照会を行うことの相当性があるかどうかについて審査を行います。

http://www.nichibenren.or.jp/activity/improvement/shokai/qa-personal.html#q05

PCにウイルスを埋め込まれた場合

ワンクリック詐欺サイトの中には、アクセスしただけでウイルスを勝手にパソコンへインストールする悪質なサイトも存在します。

ウイルスに感染すると、パソコンを起動する度に「3日以内に支払え」などと書かれた請求画面が表示される等の嫌がらせ請求を行ってきます。

その場合、請求を無視することはもちろん、ウイルスをパソコンからアンインストールする必要もあります。

ウイルスのアンインストール方法は、パソコンを復元、初期化したり、ウイルス対策ソフトをインストールする必要があります。

下記のページが参考になりますので、被害に合われた方は参照ください。
http://www.orange-ss.com/column/0001.html